ひんやりスッキリ熱中症対策

Beauty



お出かけして帰ったら、
なんだか、頭が痛くてだるい・・・!?

それは、熱中症かもしれません!

今日は、暑い夏をのりきるための熱中症対策をお届けします^^
 

熱中症とは?

 
熱中症とは、熱によっておこる身体の不調のこと。
暑さで、体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

熱中症がおこる要因には、「環境」と「身体」によるものがあり、
特に起こりやすいのは、この二つの要因が重なった条件の時と言われています。

起こりやすい環境は、

  • 気温や湿度が高いところ
  • 日差しが強い
  • 風が弱い

起こりやすい身体の状態は、

  • 激しい運動によって、体内で熱が生産された
  • 身体が暑さに慣れていない
  • 寝不足や疲れ、体調があまり良くない

特に、注意が必要な時期は、
暑くなり始めた頃、梅雨の晴れ間、梅雨で気温が高い、梅雨明け、涼しい日が続いた後の急激な暑さ。

特に注意が必要な場所は、
運動場や公園、海やプールなど、強い日差しが当たる屋外。
車の中、体育館、気密性の高いビルやマンションの最上階。
浴室やトイレ、寝室など、家庭内の風通しの悪い室内。

つまり、暑いときは、どこでも熱中症になりやすいということですね!

熱中症の時の症状

 
少しでもおかしい!と感じたら・・・
涼しい場所で、水分・塩分をとり横になりましょう。
時には、無理をせず、ドクターにみてもらいましょう。

 
 

熱中症の対策方法

 

水分と塩分をしっかり補給

適度に塩分を含んだ水分をこまめにとりましょう!
スポーツドリンクや塩飴と一緒にお水を飲むのも良いです。
アルコールやカフェインは避けて。

直射日光を避けよう

日頃から、
日焼け止めをしっかり塗って、帽子や日傘で、対策を!
簡単なことだけど、結構、良いです^^

お洋服で体温調節をしよう

 
風通しの良い素材や、こまめにお着替えをして、
いつも涼しく快適な状態に。
エアコンが強くきいたところから、
外にでた時も温度差が要注意なので、
カーディガンなど羽織もので、調節もおすすめ。

睡眠をしっかりとろう

 
寝不足は、熱中症の原因となります。
 
アロマを使って、
寝室を寝やすい空間に整えたり、
お身体のケアでぐっすり眠れる体質に整えよう!

体力をつけよう

 

  • 汗をかきずらい
  • 毒素が溜まっているかも
  • 筋肉量が減ってきた

そんなあなたは、熱がこもりやすい状態になっている可能性が高いです。
 
暑い時期は、朝夕など涼しい時間帯に、
筋トレやウォーキングをして体力づくりをしましょう。

アロマで身体を冷やそう

 
予防にも、ケアにも、
ペパーミントラベンダーの精油がおすすめ!
外出中は、ブレンドしたスプレーで体感温度を下げよう。
 
帰ってきて、熱がこもっているときは、
首や脇の下を冷湿布で冷やすと、Good!
 
ペパーミントは、
メントールでスースーして気持ち良いですが、
量が多いと刺激が強いので、必ず薄めてくださいね。

夏は、始まったばかり♪
しっかり熱中症対策をして、思い切り夏を楽しんじゃおう。

おすすめのアロマ

 


詳細はこちら

詳細はこちら

 

アロマを使えるようになりたいな♡

 

アロマ講座1st.

 

「アロマの使い方をもっと知りたい!」
というあなたは、
ぜひ、アロマ講座にいらしてください^^
 
あなたのライフスタイルに
フィットする使い方をお伝えしています。
 
少しでも、興味があって迷っているなら、
チャレンジして、素敵な暮らしを手に入れよう!
アロマ講座の詳細はこちら

まいまい先生

25,927 views

ミッションは、女性の自立と美。18歳の頃、アロマセラピーによって生理痛が緩和したことがきっかけで、代替医療や統合医療の研究をしながら看護師、保健師として病院...

プロフィール

関連記事一覧